櫻坂46デビューカウントダウンライブ!【櫻坂46】

スポンサーリンク
オタクの日常
スポンサーリンク

どうも、ぶらうんです

 

デビューカウントダウンライブのライブビューイング行ってきました

 

シブツタのパネルを見に行ってCDを購入してから映画館に向かう、フラゲ日として完璧なムーブ。

サインはなかったなあ。

 

 

パネルはめちゃくちゃいい写真ばかりでかっこよかった。

 

 

ライブ後はオタクのみなさんと

 

 

めちゃくちゃ楽しかったです、感謝

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

新しいOvertureではじまり、櫻坂の詩で終わったデビュカン

 

いつも通りにライブができない、今までと違った状態での精いっぱいが込められ、メンバーひとりひとりのこれからの決意を感じられる瞬間が多かったです。

 

 

 

もちろん、これがスタートなので、賛否両論あるでしょう

 

 

ぼくは、めちゃくちゃ良かったのかなと思いました

 

欅坂46と比べたり、色々あるけど、結局比べても何も良いことはないし、今を精いっぱい頑張っているメンバーに申し訳ないと思います。

 

それでも批判したりネガティブ発言をする人はいるけどね。

 

きっとそのうち手のひらを返して称賛するでしょうけど

 

 

 

 

メンバーひとりひとりの表情が良かったし、やっぱりアイドルは笑ってなんぼだなって思ったな〜

きっと櫻坂46だからそう思えたわけで、ダークな表情でゾクっとする感じももちろん好き。それがグループの色として反映されていたのだから。

 

 

セットリストはこちら

 

Overture
1.Nobody’s fault
MC
2.ブルームーンキス
3.最終の地下鉄に乗って
4.Plastic regret
MC
5.なぜ 恋をして来なかったんだろう?
6.半信半疑
MC
7.Buddies
MC
8.櫻坂の詩

 

 

 

 

どの曲も今までとは違う感じだったけど、「最終の地下鉄に乗って」は欅坂46感があってめちゃくちゃ好き。今日の8曲の中でも一番好きだし、欅坂46の楽曲を含めても上位に入るほど自分にとってめちゃくちゃ大事な曲になった。

 

天ちゃんの話す言葉は、普通の人が言ったらクサイことなんだけどそれがめちゃくちゃ芯のある言葉になって伝わってくる。

これが才能ってものなんだって思った。楽曲での表情含めて。

 

 

 

どのメンバーが何を言っていたのかは覚えられなかったけど、みんなの意思は同じ方向を向いていてこれから絶対に最強のグループになるんだろうなって思った。

 

ひとりひとりが挨拶をする時に、メンバーそれぞれの紡いだ言葉が全てで、オタクとかファンはしっかり見てあげなくちゃって思ったし、ぼくは飽きるまで応援し続けるんだろうと思う。

 

 

それは推しメンが卒業する時かもしれないし、グループがなくなっちゃう時かもしれないし、もっとはやく自分の中で他のものに目が移った時かもしれない。

 

その最後の瞬間まで、櫻坂46が与えてくれるもの、魅せてくれるもの、創り上げる作品をすべて自分の中に落とし込んで感じたい。

 

 

欅坂46がなくなっちゃうってなった時に、本当に悲しかったし寂しかった。
もっと早く応援しておけば良かったって本当に後悔した

 

アイドルを応援するなんて、、、っていう人もいるけれど、ぼくは応援し続けたい。

 

真っ白に生まれ変わったグループの色の変化をこれからも見続けたい

応援していて良かったと思う瞬間は必ずたくさんある。

 

 

もちろん今日もそういう瞬間ばかりだった。

 

これからたくさん素敵な瞬間をくれるだろうし、それが楽しみ

 

 

ひとまずは、27日のCDJがめちゃくちゃ楽しみになったっていうこと

もっともっと、見たいなあ

 

 

ライブが再開されるのは当分先になるだろうけど、Buddiesの「Yo!」をメンバーと会場にいるオタクたちとコールできることを願います。

 

新しいOvertureも、きっと真っ白なペンライトで埋まるんだろうなあ。

 

ほんとうにこれからが楽しみになるようなライブビューイングでした!!!

 

 

 

ここまで書いたものを見返したら、楽曲の感想がほぼなくて、自分の思ったこと伝えたいことになってるけれど、まあいいかと思いつつタイトルを考えています。

 

まあタイトルも適当でいいか

 

 

 

27日まで駆け抜けるぞ〜〜〜〜!!

 

 

 

それでは、また。

 

コメント

  1. […] 2020.12.232020.12.26 櫻坂46デビューカウントダウンライブ!【櫻坂46】 2020.12.09 […]

タイトルとURLをコピーしました