社会人でオタクはやっていけるのか

スポンサーリンク
オタクの日常
スポンサーリンク

どうも、ぶらうんです。

ぼくは、現在会社員として働いています。社会人のオタクってどんな感じなの?と疑問を持つ人はすくなからずいるでしょうし、今学生のオタクは社会人になってもオタクをやっていけるのかな?と思ってる人いますよね。

結論から言うと問題なく、オタク楽しんでます。

社会人でオタクはやっていけるのか

基本的な社会人は週5日働いて週末2日や祝日休み、だと思うのですが、ぼくの働き先はそうではなくて、基本的にシフト制です。なので休みも希望すればある程度取ることができます。最近は軒並みイベントがなくなっているので休み希望は出さないで適当にシフト通りに毎日過ごしています。

ライブは基本的に平日が多いので、シフト制で休みもイベント日に合わせて取ることができるので、基本的には現場にいけます。

公務員だったり、普通に平日出勤だと平日のライブには行けないこともあるので、もし学生でオタクをもっとやりたい!と言う人はそういう勤務日についても事前に調べるべきですね。まあ、基本的に半年働けば有給が発生するので平日勤務の会社でも有給を使ってライブに行けると思いますけどね。

実際に社会人オタクをしてみて

ぼくは、大学4年の頃から本格的に現場に行ったりするようになりました。今年から社会人として働くことになり環境は大きく変わりましたが、オタクとして何か変わったかと言われるとそんなに変わったことは少ない印象です。

最近では新型コロナウイルスの影響でイベントがなくなったりしていることも影響していますが、予定されていたイベントがあったらいく予定だったし、むしろなくなったのですることがなくて暇だったりもします。それがこのブログ開設のきっかけだったりもします。会場に行けなかったり、イベントがなくても繋がれる場所、発信できる場所があれば、これからのオタク生活に何かいい影響を与えられると思ったんです。

ぼくは、アイドルオタク以外にも、料理とかガジェット系にも興味があるので、オタクをするはずだった時間をそういうたわいもない時間に充てているのが現状です。

ユニゾンエアーという欅坂46と日向坂46のリズムゲームにもハマっていてたくさん課金もしちゃっています。なので、ユニゾンエアーについても今後記事を投稿する予定でいます。

オタク、といってもいろいろなところに繋がれる部分があるのでそういった広がりの部分をぼくは伝えたかったりもします。

社会人で、お金も毎月定期的に入るので、お金がなくて困っているという状況はあまりありませんが、グッズとか生写真を買いすぎちゃったりするとちょっと焦りますね。

そういう金銭的問題については次の項目でお話ししますね。

金銭的問題について

さて、社会人の金銭問題ですが、だいたい毎月、グッズなどに使う金額はだいたい4万円くらい。ライブがあったりするとチケットとかグッズもたくさん買うのでだいぶ傘増ししちゃいます。8月には欅共和国2019の円盤も発売されるのでいつもの平均よりオタクでの支出が増えるかもしれないです。

アパートを借りて家賃や電気代や水道代、携帯料金を払ってもオタ活に回せるお金はあるので、そんなに苦を強いられているわけではありません。

逆に、学生よりもお金を使っている人もいると思いますし、ぼくも学生の頃よりかは安定して収入があるので今の方が好きなものを買ったりできている感覚はあります。

まあどこにお金を使うのかはひとそれぞれなので、ぼくみたいに、オタ活にお金を回せないって人もいると思いますが、普通の社会人だったらお金をかけようと思えばかけられるはずなので、学生のみなさんも安心して社会人オタクになれますよ。

ただ、めちゃくちゃ満足にお金を使えるかというとそうではないことの方が多く、なにか我慢しなきゃ行けないことも多々あります。ぼくも、普段の食事にはあまりお金をかけないようにしてるし、洋服とかファッションも少し手を抜いちゃっているという感じです(最低限のものは着てます)。

お金の問題はオタクだけにとどまらず、多くの人が抱えている問題なので、オタクだからお金が使いづらい、とは一概に言えませんが、そんなに贅沢はできないよね、という話です。

自分の個人的な、お金のやりくりの一例を紹介しますね。

 

金額は適当で割合はこんな感じです。

月によって変動することが多いですが、ざっと平均的にはこんな感じです。

 

いつかはオタ卒

社会人になると、結婚とか今後の人生ついても考えていかなければならないと思うのですが、いつまでもオタクをやっている訳にはいかないと思っています。

推しメンもいつかアイドルを卒業するだろうし、グループ自体売れなくなったり、問題が起きてしまった場合には解散などでなくなってしまうかもしれません。

いつかはオタクをやっていることに対して熱を感じなくなってしまう時がくるだろうし、オタクは永遠ではないと個人的に思います。

ぼくにもいつか来ると思いますが、その時まではオタクを全うし続けたいです。

結論

今回の冒頭でも言いましたが、社会人をやっていてもオタクはできるし、めちゃくちゃ楽しい!

でも金銭的な問題とかもあるし、いつまでもオタクをやっている訳にはいかないよということでした。

みなさんの中には、学生でオタクをやっている人も社会人をやっている人もいると思うのですが、オタクであれば肩書きなんてどうでもいいですよね(笑)。オタクとしてみんなで楽しく同じものを共有して応援できれば満足なのではないでしょうか。

 

また、このブログのモットーがオタクの日常をお届け、なのでオタクの1日ルーティーンみたいなものも紹介できればと思います。

 

最終的な結論は、学生でも社会人でもニートでもオタクはできるよ!楽しいよ!ってことですね。

 

それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました