推しメンがセンターに選ばれるということ

スポンサーリンク
オタクの日常
スポンサーリンク

どうも、ぶらうんです。

先日の「日向坂であいましょう」通称ひなあいで、日向坂46の1stアルバムのリード曲「アザトカワイイ」のフォーメーションが発表されました。

1stシングルから4thシングルまでは小坂菜緒がセンターとして活躍し、日向坂46の”顔”として0番の位置に立ち続けていました。

アルバムということもあり、シングルとは違った感じになるのかなあと思っていましたが、佐々木美玲さんがセンターにくるってことを推していながら考えることはなく、また、いつかセンターに立って欲しい、みーぱんのセンター曲がまた見たいな程度で思っていました。

誰かを応援するって素敵なこと

「アザトカワイイ」という曲名から何人かがセンター候補として挙げられていたと思うのですが、そのなかに佐々木美玲さんを押していた人は少なかったと思うんです。

けやき坂46の「走り出す瞬間」から表題でのセンターを務めることはなく、特に日向坂46に改名してからはどちらかというと後ろめのポジションでメンバーを支えてくれていた存在だったと思います。

まあ結局、ぼくが何を言ったって彼女の本当の思いはわからないし、伝わらないと思うので彼女の言葉が全てです。

誰かを応援して、好きでいてよかったと思える瞬間が素敵なことだなって久しぶりに感じることができてよかったな。”自分が後悔しないように応援し続けていきたい存在”っているようであまりいなくないですか?

センターって発表された時に、自分が推してきたメンバーはやっぱり魅力溢れる素敵なメンバーなんだって思えて嬉しくなっちゃった。

センターにおかえりなさい

とりあえず、トークアプリでメッセージをすぐ送りました。センターにおかえりなさい、という最大の敬意と祝福の意味を込めて。

周りの環境が目まぐるしく変わる日々の中で、激辛企画で完食したり、クイズ番組でバカ晒しちゃったり、ドラマに主演したり、キテルネで朝からレポーターを務めたり、グループのためって言って頑張ってきた佐々木美玲さんがセンターを務めることに誰も異論はないはずだし、あったとしてもその異論をぼくは認めない。

こういうメディア露出もセンターの伏線だったのかもしれないけどね。小声

ただこれがずっと続くわけではないし、次の表題曲ではセンターが変わるかもしれない、アルバム期間の短い間でも全力で彼女を応援しないと絶対に後悔するっていうのはこれまでの経験で痛いほど感じたので、”ガチ”で応援することにします。

一時期、やめようと思っていたことまで語った彼女がここまでグループを支えて、センターに戻ってきたのだから、その事の大きさを噛み締めたいなあ。

「アザトカワイイ」

アルバムのリード曲であり、佐々木美玲さんがセンターを務める「アザトカワイイ」ですが、めちゃくちゃいい曲でした。先日のレコメンで初解禁されてからめちゃくちゃ聴いてます。

下唇を噛む癖、頑張ってつけようと思います(笑)

カタカナ表記が多すぎでは?と思うところも多々ありますが、全部いい曲たちなのでいいです。そんなの関係ねえので。

まだMVがあるのかどうかはわからないし、衣装も気になるけど早くライブでみたいと思える一曲ですね^^

歌詞や曲調から明るい曲というのは明確でみんなが笑顔でパフォーマンスしている姿は容易に想像できるし、推しメンの笑ってる素敵な表情もなんとなく浮かんでくるし、早くパフォーマンス披露がみたくてウズウズしてます、、、。

おわりに

推しメンがセンターに戻ってきたからと言って、特別なことは言えなかったですが、ぼくの気持ちというか思いのようなものは書き記せたかなと思います。

ZIPのキテルネでもセンターに触れてくれたりしてくれて、彼女の周りは凄いい人たちで溢れているんだろうなって思ったしすごく嬉しかったです。

#mireitalkでもみーぱんらしくない決意表明の長文が送られてきたし、センターに懸ける思いっていうのは誰よりもあるのかもしれません。

けやき坂46として初めて出したアルバムのセンターが、日向坂46に改名をして大きく成長したグループのセンターに帰ってきた。この意味を自分でも日々模索しながら、このアルバム期間、思う存分に推しメンを応援して、推しメンはこんなに素敵な人なんだよってことをこのブログを通じて知ってもらえるように、ぼくも頑張ります。

頑張ろうって思わされたもん。

そういう誰かの力になれる存在の佐々木美玲さん、この夏はめちゃくちゃ暑かったり、コロナの影響でいつもと違う夏になると思うけど、どうかこのアルバム期間が日向坂46、そして佐々木美玲さんにとって素敵な期間になりますように。

 

推しメンの活躍を願って乾杯🍻

いっぱいレターおくっちゃお。💌

 

それでは、また。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました