オタ活2020年上半期振り返り

スポンサーリンク
オタクの日常
スポンサーリンク

どうも、ぶらうんです。

今年ももう残り半年、ということで今年の上半期を振り返っていこうの企画です。

じゃあ、まず6月までで何があったかみてください。

2020年上半期

あけましておめでとうございました

1月: 7日 濱岸ひより 活動再開

     23日 織田奈々、鈴本美愉、平手友梨奈のグループ卒業、脱退

     29日「欅坂46 LIVE at 東京ドーム 〜ARENA TOUR 2019 FINAL〜」発売

1月は上記以外にも、日向坂46の握手会がたくさんあったので現場に行くことも多かった気がする。結構オタク友達とも会えたし、ある程度オタクやってたな、という印象。

ただ、欅坂46の3人の脱退はマジでしんどかったし、いまでも帰ってこないかなあって思っちゃう。でも新しい欅坂46も応援しないとね!って気持ち切り替えてる。

東京ドームの円盤化は言わずもがなで最高だったよね。ぼくも数回出演してるので探してみてください(笑)

そういえば年始はユニエアのエールイベもやってなんとか直筆のおみくじゲットできていい1年のスタートだと思ってたんだけどね…。

今年はDASADAの記憶しかない

2月: 4日/5日 日向坂46×DASADA LIVE&FASHION SHOW in 横浜アリーナ

16日 坂道研修生 乃木坂46、欅坂46、日向坂46に配属決定

19日 日向坂46 4thシングル「ソンナコトナイヨ」リリース

2月は、DASADAライブがあったことしか覚えてない。というか今年もはやこれしかなかったよね。ひなくりに続いて両日参戦してめちゃくちゃ楽しかった。セトリもひなくりを超えてきたし、横アリは座席でも距離が近くていいね。目の前のひなのちゃん、めちゃくちゃ可愛かった。

4thが発売されたのも2月だったことに書いていて気付きました、フラゲ日に渋谷TSUTAYAに朝から出待ちに行って、メンバーほぼ全員を1m前後手前で拝めたのはマジでスペイベだったな。東村芽依ちゃんは、オフでも5歳児だったわ。

エールイベを不眠でこなしながら岐阜へ行く

3月: 長沢菜々香グループ卒業

     1日 「日向坂46 × DASADA」ポップアップストア開催 

     25日 日向坂46ストーリー発売

     27日 日向坂46デビュー1周年

     31日 日向坂46デビュー1周年記念 スペシャルトーク&ライブ!生配信

3月くらいから完全に、イベントはなくなっちゃったね。日向坂46の全ツで学生最後、全国飛び回る予定だったけど残念ながら中止になってオタク友達と、JOYFUL LOVEのMV撮影地の養老天命反転地までユニエアのエールイベやりながら寝ないで行ったのは忘れられないいい思い出です。

 

社会人生活に絶望

4月:

4月?なんもなくね、社会人に絶望してた。

 

かげちゃんの復帰!

5月: 26日 影山優佳 活動再開

5月イチのニュースはこれしかない!(推すしかない風に)かげの復帰はこの状況でめちゃくちゃ嬉しいみんなを元気付けるニュースだったのは間違いないですよね。

それ以外は、仕事に対して5月病でモチベはほぼそこを尽きた

ぶらうんのライフは限界よ!

 

6月:

6月は、もう何もないことに慣れすぎて無。特になにかあったわけでもなく惰性で過ごす毎日。

 

※握手会日程は割愛

 

振り返ってみると、まともにオタ活できていたのは3月までで、もう上半期の半分以上をイベントなしで過ごしたオタク、すごすぎませんか?

日向坂46の全ツが中止になり、欅坂46の4thアニラ、欅共和国2020も延期になったり、参加予定だったフェスも開催中止と本当にオタクの拠り所がなくなり続けた今年の上半期。

新しいグッズを買うことで気を紛らわせたり、過去のライブの配信などで凌いできましたが、そろそろ限界ではないでしょうか…

本当に2月のDASADAライブが奇跡のように思えるレベル。

まぁ世界がこのような状況で、メンバーはもちろんオタクの皆さんも新型コロナに感染しないことが第一なので仕方ないですよね。

やっと先月、緊急事態宣言も解除され、集英社の日向坂46ストーリーのパネルを見に行ったり、秋葉原に行ったり、オタク友達と集まったり、だんだん普段のオタクとしての日常を取り戻しつつあります。

ジャニーズではライブを今後開催していく方針とのことだったので、こういう前向きな流れが坂道グループにもきて、はやくライブに行きたい…!その一心です。

ただ、まだ平和になったと断言できるわけでは無いので、めちゃくちゃ濃厚接触の握手会はしばらくないのかなあと思ったりもします。あの会場にあの人であの距離はほんとにヤバイ(笑)

 

各月みると、欅坂46ではあまりいいニュースがなく、4人のメンバーがグループを離れることとなり、転換期を迎えました。一方の日向坂46は4thシングルも発売し、DASADAというプロジェクトも大成功し一気に坂を登り始めた印象で、対極な2020年の上半期だったと思います。

なんにせよ、これからどんどん落ち着いてきて両グループがもっともっと坂を登っていくことになると思うのでとても楽しみだし、期待を持てますよね。

特に欅坂46は16日に無観客ライブを開催するのでそこで真価が問われると思います。大切な報告?もあるみたいなのでそれがめちゃくちゃ気になる。というか、センターを誰がやるのか、新曲はやるのか、イメージはこれまでと変わるのか…etc いろいろ気になる要素がありすぎてはやく16日になって欲しいな。

 

こんな感じでざっと振り返ってみましたが、特に何にもなかった分、今年の下半期はたくさんオタ活できるような世界に戻ることを願いつつ、自分たちにできることを精一杯やって無駄な時間を過ごさないようにしましょうね!

 

みんなの、今年上半期で1番のオタ活の思い出なども良かったら聞かせてくださいー!

 

それでは、また。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました