社会人オタクのW-KEYAKI FES2021総括!【櫻坂46 日向坂46】

スポンサーリンク
オタクの日常
スポンサーリンク

 

どうも、ぶらうんです。

 

7/9〜7/11の3日間、富士急のコニファーフォレストで行われた欅フェス

 

 

ぼくは9,11の2日間に参戦して、10日は配信を見ました〜

 

 

3日間を振り返ると、欅坂46から生まれて2グループがまたこうやって同じ場所でライブをするというエモさ、メンバーたちのそれぞれのグループへのリスペクト、その紡いだ言葉たち全てが素敵な瞬間でした。

 

1,2日目は各グループの現在地を示すようなライブの構成で、今の自分達にはこういうことができるよっていう意思表示だったとかなと。

天候さえも味方につけた2グループは、自分たちの力の他にももっと特別なものを持っていてそれを存分に発揮できるグループなのだと思います。

暗くなってきて霧が出てきて、ライブというよりかはコンサートに近い見入ってしまうパフォーマンスをした櫻坂46

太陽を味方にして、明るい時間帯でこそ輝く楽曲たちでファンを魅了した日向坂46

 

3日目はどういうライブになるんだろう、と誰もが期待をしたと思います。もちろんぼくもその1人でした。

なっちょのブログでも、”欅フェス”と聞いたから、欅坂とけやき坂の楽曲がまた披露できると思っていたみたいなニュアンスもあって

きっとメンバーを含めた誰もが、欅坂、けやき坂を見れると思って迎えた最終日は、2グループの現在地と、今できる最大のパフォーマンスの応酬

今の櫻坂46と日向坂46にしかできない、最高のライブだったと言えるはずです。

 

 

お互い2曲ずつでMCを挟み、交互に披露し、言葉でやりとりする流れや、お互いのグループや楽曲について話をする姿は、同じグループで頑張ってきたからこそ伝わるもので、確実にお互いの心に届くものだったはずです。

 

ノバフォからはこんなに贅沢なライブがあっていいのかという鬼セトリ。それまでがダメだったとはではなく、ノバフォからの後半戦は、お互いが自分たちの最大値を出し合って、引き出し合ったパフォーマンスだったことは明白でした。

 

最後のMCの途中から、ペンライトが緑色になって、ステージ横のモニターに緑色一色のサイリウムを見た時に、この楽曲を最後にやる意味、欅坂、けやき坂の楽曲に頼らなくても、私たちはまだまだできるよ、もっとこれから坂を登り続けるよ、と前向きなメッセージも感じられました。

 

終わって1日たった今でも、あの緑一色のサイリウムは忘れられないし、きっとこの先またこういう時が来るんだろうなと、思いつつその光景をしっかり目に焼き付けました。

 

きっと来年も再来年も毎年合同ライブをやるのかなって思うんだけど、いつかそれが本当の欅フェスになってくれることも期待しつつ、両グループをこれからも応援し続けたいなって思います。

 

画像

 

ぼくが良かったと思った各グループの楽曲と印象に残ったメンバーについて話します。

 

まずはセットリストから

01.それが愛なのね
02.なぜ 恋をして来なかったんだろう?

03.ドレミソラシド
04.ソンナコトナイヨ

05.君と僕と洗濯物
06.Plastic regret

07.キュン
08.アザトカワイイ

09.偶然の答え
10.半信半疑

11.膨⼤な夢に押し潰されて
12.青春の馬

13.ブルームーンキス
14. 思ったよりも寂しくない

15.JOYFUL LOVE
16.君しか勝たん

17.Nobody’s fault
18.キツネ
19.Buddies
20.NO WAR in the future 2020
21.BAN
22.誰よりも高く跳べ!2020

23. W-KEYAKIZAKAの詩

 

 

まずは、櫻坂46 「思ったよりも寂しくない」

これから先リリースされる楽曲でもこういう楽曲が欲しい。かぜふかみたいな感じかな。

天ちゃんのソロのシーンを含めて、メンバーみんなが楽しそうで、改名してグループに変化があったことがいちばんよくわかる楽曲だと思った。ああやってメンバーが楽しそうにパフォーマンスしてたらこっちまで楽しくなっちゃうよね。

そういう誰かに何かを思わせる、感じさせる力っていうのを元々持った子達なわけだから、ライブにもってこいの楽曲の1つに間違いなくなる楽曲だと思います。

 

次に、日向坂46 「ドレミソラシド」

晴天に恵まれたこの日、野外ライブ。1番もってこいな楽曲は間違いなくこれしかなかった。

夏の始まりを感じつつ、日向坂46のハッピーオーラも感じられる楽曲で、振り付けもセンターが指揮者になるところがめちゃくちゃ好き。

そして、代理センターの丹生ちゃんが終始最高の笑顔で見ている方まで笑顔になっちゃった。

もう”代理”なんて勿体無いくらいのパフォーマンスでした👏

 

 

印象に残ったメンバーは夏鈴ちゃん。

髪型がめちゃくちゃ似合ってて、佇まいに少しセンターに立つ違和感がなくなったというか、センターとして自分の見せ方とか、表情の確立ができてきた印象でした。

「偶然の答え」は夏鈴ちゃんのものになってるし、センター以外の楽曲でもちょっとミステリアスな雰囲気を感じられて、櫻坂46の世界観に欠かせない、大きな存在になりつつあるし、きっとそうなるんだろうなあと改めて思わされました。

 

 

 

そして、最後に披露された「W-KEYAKIZAKAの詩」

 

櫻坂46に改名してからほとんど見ることのなかった緑のサイリウムで埋まった客席は幻想的でした。

コニファーフォレストだったからこそ、過去の記憶と相まって色々な感情に包まれ、

 

MCで緑のサイリウムが広がっていくのを見た時から、涙が止まらなくて、イントロの瞬間、ゆっかーとキャプテンのグータッチ、あかねんの涙😢

泣ける瞬間が多すぎて、周りの人に引かれるレベルで泣いてました(笑)

 

お互い、一度は見たあの緑一面のサイリウムがまたメンバーに見せることができて、会場を緑で埋めたオタクのみんな本当に素敵で、奇跡的な瞬間に立ち会えましたね!

 

欅坂46を忘れられずに、欅坂46の楽曲が見れる、って思って参戦したライブで、結局この1曲しか披露されなかったけど、このライブの意味とか、欅坂46との向き合い方を少しはわかったのかな、と思う。最後の一曲で全て報われたような気がした。

 

欅坂46と決別する、ってわけではないし、それは一生できないだろうけど、櫻坂46に欅坂46を求め続けることは違うってこと、欅坂46はもう二つのグループに変化したということがようやく自分の中で整理がついたような気がします。

まあ、それでも欅坂46はこれからも大好きです、本当の”欅フェス”もいつかお願いしますね。

 

 

3日間の最後の曲が、「W-KEYAKIZAKAの詩」で良かったです、2018年の全国ツアーから披露されずに、2期生ですら披露したことのないままだったこの曲は、多くの人の心に届いたはずです。

 

これからもどちらのグループもお互いを意識しつつも、支え合い、刺激し合い、欅坂46だった者たちとして、もっと上のステージに登ってほしいし、それを見届けたいです。

 

 

改めて、メンバーのみなさん、3日間お疲れ様でした😌

 

 

そして、来年も合同ライブが開催されて、また素敵な瞬間に立ち会えますように。

 

 

 

雨予報だったのに、終わってみればお月様も見えるくらいのいい天気で終わりました。

メンバーと、会場のファン、配信を見たファンの想いが通じたみたいでロマンチック〜〜

画像

 

9月から始まる全国ツアーも楽しみです👊

 

 

絆っていいね 坂組だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

 

最高かよ〜〜〜

 

 

それでは、また

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました