「さんかく窓の外側は夜」舞台挨拶! 【平手友梨奈】

スポンサーリンク
オタクの日常
スポンサーリンク

 

どうも、ぶらうんです。

 

これはいったことがあるかもしれないけど、ぼく、平手友梨奈さんが好きなんですよね

 

ということで先着争奪戦に勝利し、前夜祭(1/21)に参加してきました

 

座席がだいぶいい席で、ほんとうに目の前にてちがいて、ずーーーっと見てました。というか、見入っちゃってた感じです。

 

入場前にしっかりパンフレットを購入🙆‍♂️

 

 

 

内容はぼくの口からはうまく伝えられないので、ぜひ映画館で見て、自分なりの感想、感情を持って欲しいです。これはぼくからの願いではなく、平手友梨奈さんをはじめとしたキャスト、監督、関係者の願いです。ぜひ見にいってください!

 

まあちょっとグロい部分が多いかなということだけ伝えておきます。

 

最後の方は、本当にこの後この人たちが出てくるのかって、ドキドキしながら見てました。。。

 

発券時には思ったよりいい席ではないと思っていたので、実際に現場に行ってみて想像以上の神席でひとりで興奮してました(笑)

 

となりのマダムが多分、志尊淳くんのファンで壇上に上がるときにめちゃくちゃ楽しそうにしていたのが印象に残っていて、いくつになっても男女関係なく好きな人がいて応援できることって素敵だなあと改めて思いました。ぼくもこのさきおじさんになっても好きだったり憧れであり続ける人がいたらうれしいな。

 

1日経った今日でも、余韻が抜けず、またてちに会いたいなーってなってます。

 

 

 

女性の司会の方がまず初めに、登場しそのあとにキャストと監督が登場。

 

入っていてすぐ、いい匂いがすることに気づく。あの匂いはまじでいい匂い。めっちゃ欲しい。ずっと嗅いでたい。。。

 

平手友梨奈ちゃんはもちろん、志尊淳くんと岡田将生くんのかっこよさに脱帽。めちゃくちゃ衝撃すぎて、自分はここにいていいのかと思わされました。

 

内容は正直ほぼ覚えていないけど、平手友梨奈ちゃんの立ち姿、仕草、着ている服、身につけているアクセサリー、髪型、存在のすべてが尊すぎ。

 

終始下をずっとみていたり、ちょっと緊張している?感じは、平手友梨奈ちゃんが好きだからこそわかる良さでした。

 

その分、他の3人と話すときに見せる楽しそうな声がまた、とても心地よく聞こえました。

 

メディアが全く入っていない状態だったので、いつもSNSとかTVで見るやりとりとはまた違った感じがして、ちょっと特別感があるというか、来れてよかったなあと思った。

 

チケット自体は多分1分も経たないくらいで完売したと思うんだけど、その中でもだいぶ前の席だったから、やればできるじゃんぼく、って

 

さくらの時は完敗だったんだけど…

 

これが2000円くらいで参加できるってバグなのかなって思った

 

 

この素敵な時間は一生忘れないです。

 

 

間違いなく今までで1番素敵な時間が過ごせたと自負できます。。。

 

 

 

会場に来ていた方は女性ばかりで、ぼくの列で男性はぼくだけだったと思います。まあ、志尊淳くんと岡田将生くんのファンは強い。。

まあ平手友梨奈ファンも女性が多いっていうのもあると思うんだけど。

 

 

あっという間の15分くらいで終わりました。

 

 

 

あんまり言葉では表せない感情のまま、舞台挨拶が終わり、余韻に浸りながら帰宅して普通に寝て、起きて、いつもと変わらない1日を過ごしたんだけど

 

それでもいつもとは少し世界が違うように見えて、感じることができるようになった自分がそこにはいて

 

自分の世界に新しい色が増えたような感じがして

 

次に平手友梨奈ちゃんに会える日までに自信を持った自分で入れるようになりたいと強く思った。

 

また平手友梨奈という憧れであり続ける人から何かをもらっちゃったから、いつかどんな形でもいいから直接返せるような人間になりたい。どういう形でもいいから。

 

これが自分の夢になった

 

2021/1/21は忘れられない1日になったし、自分の中にある根本的な指標が変わった。

 

今年の目標だった、夢を見つけるってことが達成できました。

 

やっぱり推しメンはいつまで経っても偉大だと、そしてこれからもっともっとすごいところに行くんだろうなあと思います。

 

今日からその夢に向かって努力

 

 

 

 

最後の方は、ほぼ、自分の話になってしまいましたが許してください。。。

 

とても楽しい時間を過ごせました!もしファブルでも舞台挨拶があっててちがでるよ、ってことであれば必ず行きたいと思います!

 

 

 

それでは、また

コメント

タイトルとURLをコピーしました